色々な抗真菌薬

抗真菌薬はどんなタイプがある?

抗真菌薬という名前はあくまでも薬の大きなくくりの一つであり、細かくみていくといくつかのタイプに分けることができます。では現在使用されている抗真菌薬にはどういったものがあるのかというと、まず主流なものとしてはポリエン系、アゾール系、キャンディン系の三種類が挙げられます。それぞれの特徴としてまずポリエン系はエルゴステロールを破壊する、要するに細胞の外側にある膜を破壊する作用があります。真菌の細胞は細胞膜によって守られているわけですから細胞膜が破壊されると細胞内にある物質はその状態を維持出来ずに流れ出ていくことになり、結果として真菌が生存出来なくなるのです。続くアゾール系は細胞膜を破壊するのではなく、細胞膜の合成自体を阻害することで真菌の増殖を食い止める作用があります。具体的にはエルゴステロールという物質の合成を阻害するのですが、このエルゴステロールは真菌の増殖にあたって必要不可欠なものであり、それを合成出来なくすることで新たな真菌の発生を防いで症状そのものを和らげるわけです。そしてキャンディン系は細胞膜のさらに外側にある細胞壁を破壊することで真菌に対抗する作用を示します。細胞壁が破壊されると真菌はその構造を保つことが出来なくなるために生存が不可能となり、これによって体内の真菌を排除していくことになるのです。ポリエン系と似た作用のようにも見えますがポリエン系は人体で言うと血管を破いて血液を失わせる、キャンディン系は皮膚を破壊して内部を露出させるといったような違いになります。もちろんこれはあくまでも例えで、現在使用されている抗真菌薬は人体を過剰に破壊するほどの危険な作用はありません。抗真菌薬は症状に合わせて処方される薬が決まりますから、医師にしっかり症状を伝え、診察を受けた上で適切な薬を出してもらいましょう。

抗真菌薬は長期間使うため通販で買う

カビの仲間となる真菌は、皮膚や内臓など人間のあらゆる部位に感染して様々な症状を起こします。代表的な真菌症には白癬菌による水虫やたむし、しらくもなどがあり、性器に感染するカンジダ、肺などの臓器に感染するアスペルギルス症などがあります。これらの真菌に対して有効となるのが抗真菌薬で、自分を保護するために作られた細胞膜を破壊または生合成を阻害することで殺菌的な作用を示します。抗真菌薬は皮膚に塗るためのクリームや軟膏、あるいは経口投与して体内から作用を起こす内服薬の2種類が存在し、感染症の症状によって使い分けるようになっています。治療用の医薬品は一般的に即効性のあるものですが、真菌を退治するにはかなりの時間が必要となり、少なくても数週間、長ければ数ヶ月単位で治療薬が必要となることもあります。特に水虫やカンジダは効果が発揮されるまでに治療薬を長い期間で使用することが必要となるため、病院で処方してもらってもすぐに使い切ってしまい、再び処方してもらうために病院に足繁く通うこともあります。暇な人なら病院に行く手間もさほど気にならないかもしれませんが、仕事が忙しかったり何らかの用事がある人や、病院に行くのが面倒といった人だと通院する手間がかかります。医薬品の個人輸入なら、代行サイトを使用すれば通常のネット通販と同じように購入することができ、処方箋が必要ないため病院に通わずに自宅に届けてもらうことができます。個人輸入の特徴として健康保険が適用できないので、薬代は表示された価格のままですが、全体的に安く販売されていて、まとめ買いを利用すれば送料などの関係でさらに単価が安くなるという傾向にあります。長期的に使用する医薬品ならまとめ買いでも問題ないので、手軽に安く購入するなら通販を利用すると良いでしょう。

抗真菌薬はどんな病気に有効?

抗真菌とは文字通り真菌に対して治療の効果を発揮する医薬品で、真菌とはカビや酵母の仲間を専門的に置き換えた言葉です。住宅の壁やキッチンで黒や緑色で繁殖するカビがありますが、同じ系統の仲間で、空気中に胞子として漂っていたりヒトの身体に最初から常在菌として存在します。何らかの原因によって皮膚の中や体内の臓器に侵入し、増殖を繰り返すことで人体に影響を与えるのが真菌性の感染症で、最も有名なものに足に感染する水虫があります。カビは元々高温多湿を好む傾向にあるため、蒸れやすい靴を履く足や、下着によって湿気が含まれる性器に多く感染します。また、頭皮にも存在し、皮脂を好んで食べる菌種も存在します。真菌による感染症は皮膚に寄生することで増殖をする表在性真菌症と、体内の臓器に侵入することで広がる深在性真菌症に分けられ、外用薬または内服薬のどちらかを使用して治療することになります。そのため、症状によって抗真菌薬が使い分けられるので、どの抗真菌薬も同じ効果を発揮するというわけではありません。また、作用機序によって系統が分けられ、症状や菌種によって効果があるものも異なってきます。抗真菌薬で治療できるのは白癬菌による水虫、たむし、カンジダによるカンジダ症、クリプトコッカス症、アスペルギルス症、ニューモシスチスによるカリニ肺炎、マラセチア菌による脂漏性皮膚炎、癜風といった症状を治療することができます。ちなみに、真菌は細菌やウイルスと同じ原生微生物のひとつで、それぞれに対応した治療薬が必要となるため、抗真菌でウイルスの治療、抗生物質で真菌の治療といったことはできません。必ず症状に合わせて使用する治療薬が変わるので、正しい知識を身につけて治療を受けることが大切です。

▼水虫などの白癬菌やカンジダ症などに有効な抗真菌薬
テルビナフィンは年齢制限があるか
▼真菌の増殖を抑え、抗菌効果を発揮する治療薬
フロリードDクリームで脱悩み!
▼フケやかゆみの原因となる脂漏性皮膚炎を防ぐ抗真菌薬シャンプーです
人気のニゾラールで真菌を抑えよう