色々な抗真菌薬

持病がある場合効能のある抗真菌薬処方は主治医確認を

抗真菌薬とは、真菌の生育を阻害する医薬品で、真菌症の治療に使用されます。
抗真菌薬いってもピンとこない人もいるかもしれませんが、水虫の塗り薬などにも使用されているもので、カビや酵母などの真菌が原因の疾患に対する治療薬として使われています。
そもそも真菌とは、酵母であるカンジタやカビのアスペルギルスなどが真菌と呼ばれ、丸い形で増えるものと、菌糸のように細長い状態で増えるものがあります。それとは別に、真菌には極小の胞子をばらまきながらふえていくものもあります。極小のため、空気中に浮遊したりし、呼吸によって体内に吸い込まれることで、肺や皮膚から発症することが多くなります。

真菌の中でカンジタなどは、体の表面や腸の中に存在し、通常は害はありませんが、皮膚や爪、膣、副鼻腔、口などの局所で感染症を発症することがあります。多くの場合重症化することはありませんが、抗生物質を内服したことなどによって、細菌が死滅し、真菌が増えると何らかの症状を発症することになります。
そういった場合、抗真菌薬は、真菌が原因の疾患に処方される薬剤で、水虫やタムシ、カンジタ症などに効能があります。
そのほかにも、肺に感染し脳炎や髄膜炎を起こすクリプトコッカス症などにも効果があります。
爪水虫などには内服薬が効果的ですが、ただ肝臓に負担がかかり持病を持っている人には使用できない場合があるので、主治医に確認するとよいでしょう。
表在性真菌症には、塗り薬が使用され、深部皮膚真菌症には飲み薬が使用されます。
細菌と真菌の大きな違いは、遺伝子を包み込む核があるかどうかにあります。
細菌の場合、遺伝子が細胞の中に何のしきりもなく入れられていますが、真菌には核と呼ばれる遺伝情報を包み込む核が存在しています。