色々な抗真菌薬

代表的な菌と抗真菌薬の成分について

抗真菌薬は、真菌に感染した時の治療薬として用いられるもので、水虫薬などが該当します。
真菌はカビやキノコなどを指し、真菌症はこれらに感染することで発症します。水虫は、白癬菌が足の皮膚に感染するもので、足白癬とも呼ばれています。足白癬に罹患すると患部が炎症を起こし、徐々に深層部へと侵食していきます。一般的なウイルス感染などとは違い、皮下組織への侵食スピードが速く、白血球による破壊も困難な領域であることから、自然に治癒することがありません。
白癬が感染する部位によって病名が異なり、爪に感染したものは爪白癬、陰部に感染したものは陰金、頭部は白雲、これら以外の皮膚への感染は田虫や体部白癬と呼ばれていますが、原因は全て同一です。
また、皮膚や表皮、角質部分への感染は表在性真菌症と呼ばれ、塗り薬などによる治療により完治することが可能ですが、感染が爪や皮下組織にまで及ぶ深在性の場合、塗り薬のほか飲み薬なども併用し、治療が長期化することもあります。
クリプトコッカス症や肺炎、アスペルギルス症などのように、感染が内臓に達することもあり、内臓真菌症と呼ばれています。これらの病気は、抗生物質や抗がん剤の影響で発症することもあります。
抗真菌薬の一つであるポリエン系の主成分はアムホテリシンBで、真菌の細胞膜を司るエルゴステロールを破壊する働きがあります。細胞膜を破壊された真菌は、細胞そのものが死滅させられます。
アゾール系は、エルゴステロールの合成を阻害することで増殖を抑えます。アゾール系薬剤の主成分にはミコナゾールやビホナゾールなどが使われています。
細胞壁合成を阻害するのがキャンディン系の薬剤で、ミカファンギンなどが主成分となっています。