色々な抗真菌薬

ラミシールという水虫治療薬の効果効能

 ラミシールとは真菌を殺菌する薬で主に爪白癬やカンジダ症の治療に用いる薬です。ラミシールには幹部に塗布するクリームタイプと経口摂取する錠剤タイプに分ける事ができます。どちらも有効性はテルビナフィンというアリルアミン系の抗真菌薬となります。テルビナフィンというアリルアミン系のラミシールは真菌を殺菌する作用があるためきちんと治療を行えば水虫を完治させることも可能です。
 真菌というのは一般的にカビと呼ばれ、水虫の原因となる真菌は白癬菌と呼ばれます。この白癬菌が足に寄生すると足白癬、爪に寄生すると爪白癬などと呼ばれます。多くの場合、皮膚真菌症の原因は白癬菌ですが、カンジダや癜風菌などによる物がありますがラミシールはこういった菌の治療にも有効です。
 クリームタイプのラミシールの効果効能は白癬、皮膚カンジダ症、癜風となり1日一回幹部に塗布するだけです。皮膚に塗布することにより心筋細胞内の代謝酵素を選択的に阻害することで真菌の細胞膜を破壊することができます。錠剤タイプのラミシールは塗り薬では治りにくい深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、角質増殖型の白癬が対象となります。もちろんカンジダなどにも有効です。こちらも塗り薬と同様に殺菌的に作用するため正しく治療を行えば完治が可能となります。錠剤タイプのラミシールは腸から吸収された有効成分が爪や皮膚、角質に集まり真菌細胞内へと移動します。そして真菌細胞内の代謝酵素を阻害することで真菌細胞膜を破壊することで殺菌作用を得る事ができます。
 塗り薬のラミシールは副作用が少ないのが特徴ですが、塗布する際に軽い刺激があったり人によってはカブレなどを起こす場合があります。皮膚への軽い刺激は心配はいりませんが、赤みやかゆみが酷くなった場合は病院へ受診が必要となります。クリームタイプに対して錠剤タイプの副作用には注意が必要となります。肝臓に負担がかかるため定期的に副作用のチェックをする必要があります。飲み始めてから2カ月間は月に1回肝機能検査を行うことになります。そのため、用法用量を守らずに使用していると肝臓病になってしまう可能性が考えられます。肝臓病のような症状としてはだるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、痒み、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色になるなどが挙げられます。このような症状は重い副作用でこのような症状が現れた場合はすぐに医療機関へ行く事が必要となります。